The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタンリー・クワン(關錦鵬) / ロアン・リンユィ(阮玲玉) 
2005年10月24日 (月) 00:20 | 編集
東京国際映画祭が始まりましたね。

観に行けるなら私が観たいのは、“大停電の夜に” と “長恨歌(Everlasting Regret)”でしょうか。

アジアの風」部門でオープニング作品に選ばれたのが、“長恨歌(Everlasting Regret)”です。監督は、關錦鵬(スタンリー・クワン)大沢たかおミシェル・リー桃井かおりが出演している、“有時跳舞(異邦人たち)”の監督ですね。
という事で、今日は、彼(女)の1991年の監督作品、“阮玲玉(ロアン・リンユィ)”を紹介します。
この作品は、中国映画史上第一の黄金時代とされる1930年代前半に上海映画界のトップ・スターとして活躍した実在の女優、阮玲玉(ロアン・リンユイ)の生涯を描いた伝記ドラマです。
30年代の上海は“魔都”と呼ばれていたそうで、そこの映画界とは、まさに東洋のハリウッドでした。阮玲玉は気品と庶民性を併せ持った女優で、16歳のデビュー以来、抜群の演技力で他の追随を許さない大スターでした。しかし私生活で二人の男女の愛のはざまで悩み抜き、1935年、25歳の若さで自らの命を絶ちます。

その、阮玲玉役に張曼玉(マギー・チャン)。この作品が面白いのは、マギー・チャン主演で進行する劇の中に、実際に阮玲玉と親交のあった当時の映画人たちのインタビューや、実際の彼女の昔の作品ハイライト等の映像も挟まっていて、さらに、この“阮玲玉(ロアン・リンユイ)”という作品自体の創作過程においての、スタッフ、キャストのディスカッション風景なども挟まっている所です。
非常に立体的な構成で、映画が、過去どのように創られたか、今、どのように創られるのか、という事が色々と分かり、面白いです。

また、關錦鵬(スタンリー・クワン)監督は、美しい映像を撮る人なので、この作品も、本当に色の綺麗な映画です。衣装も素晴らしいです。ダンスホールで踊るシーンが何度も出て来ますが、ウットリしますよ。それと、階段の昇り降りです。これも何度か出てきて、かなりこだわってます。マギー・チャンの階段昇降ですから、私はやはり王家衛(ウォン・カーウァイ)の事を考えました。少し似ているかもしれません。


2つリンクを張りましたが、この作品、ビデオしか出てないようですね。しかも普通に買うと高い。う~ん、レンタルビデオ探すか、次に映画館にかかるのを待ちましょう(笑)。DVD出せばいいのに。
私は、3年くらい前に、新宿のTSUTAYAで借りて観ました。
このレビュー書いてて、また観たくて仕方なくなって来ました。

阮玲玉(ロアン・リンユィ) / 關錦鵬(スタンリー・クワン)監督作品
阮玲玉(ロアン・リンユィ)/ 關錦鵬(スタンリー・クワン)監督作品


面白かったら、クリックお願いします。blog ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。