The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J L G
2005年10月19日 (水) 23:25 | 編集
現在のジンギスカンブームによって、今、改めて人々の注目を浴び、ヒット商品となってるものがある。それが、焼肉のたれ“ジャン”だ。とある民間企業が行った、ジンギスカンを扱う店に訪れた1万2千人を対象にしたアンケートでは、「ジンギスカンに一番合うと思うたれは?」の問いに、モランボンのジャンをあげた人が68%にも昇ったという。

ジャン”と言えば、業界初の“生パック製法”を成功させた商品として有名である。“ジャン”は、それまでの市販のたれの常識にあえて挑戦し、調味料の新しい基準を独自につくり上げた歴史を持つ。普通“たれ”というと調味料売場に置かれるが、“ジャン”の場合は精肉売場。しかも要冷蔵で販売されている。これは“ジャン”が非加熱・無添加の“生パック”だからである。一般の焼肉たれは保存をよくするため熱を加えるが、“ジャン”はつくりたての風味を生かすために加熱はしない。まさにつくりたての新鮮な“生の味”のままパック詰めしているのだ。
また、風味のよさと体への安心を考え、化学調味料や保存料といった余計なものは一切使用していない。これは“ジャン”発売当時、画期的なことであった。今日の“本格・本物志向”を先取りした商品だったと言える。
今現在の“ジャン”のヒットは、その実直な品質管理の軸である、“本格的、かつ安心”という価値が、改めて消費者の関心を集めている証である。

モランボンは今年4月から、関連グッズの販売にも乗り出している。“ジャン”と言えば、内容量80グラムの四角いパッケージがお馴染みだが、その形を模したリュックが中でも大人気で、生産が追い着かない状況だと言う。無駄のないシンプルなフォルムが、クールで使いやすいと感度の高い一部の若者の注目を集め始め、ファッション誌などで紹介されるや、一気に火がついた模様。
このリュックの製造を請け負ったのが、業界では知る人ぞ知る老舗、“神有屋”である。“神有屋”は今年8月に、その社名をもじったブランド“ゴッドアール”を担当デザイナー等と共に立ち上げており、本格的な製造、販売に乗り出している。
このリュック、すでに巷ではジャン・リュック・ゴダールの愛称が流通しており、ブランドの知名度の定着も異常に早く、今シーズン最大のヒット商品になる可能性もありそうだ。
関連グッズの企画を担当したモランボン企画部の木村氏は、このリュックについて、「まさに“ジャン”のように、その時にしか出来ない生の体験を大切に生きる方々に使っていただけたら光栄です。」と話している。

1979年2月、胸に響くような「ジャン」というサウンドロゴと共に、ブラウン管に鮮烈なデビューを飾った“ジャン”、コピーは、「ジャンは生きている」であった。

* * * * * * * * * * * * * * *

と、長々と大嘘を書いてしまったのは、ジャン・リュック・ゴダールについて何かを言うのはなんか難しいからですが、ともかく、今月15日、まず東京日比谷から、ジャン・リュック・ゴダールの新作、“Notre Musique(アワーミュージック)”が公開されました。試写では、“普通に面白い”と驚きを持って受けとめられたようです。私も、ゴダールは結構たくさん観ていますが、“普通に面白い”というのは確かに驚きなので、かなり観てみたいです。
作家の阿部和重氏は、自著“アメリカの夜”についての話で、ゴダールの“気狂いピエロ”が話にあまり関係なさそうなテニスのシーンから始まる事に注目し、話にあまり関係なさそうなブルース・リーの記述から始めてみた、というような事を語っていたと思います。実は関係ないはずは無いのでしょうが。あまり関係なさそうな事から始まる、というのはカッコいいですよ、本当に。
情報化によるアナロジーの殺害”に抗う、しかもエレガントに! という事じゃないでしょうか、これは。ただの勘ですけど。そうだとすれば、かなり大事です、そこは。

Notre Musique * Un film de Jean-Luc-Godard



(“ジャン”の品質に関しての記述と“ジャン”が美味しい、というのは嘘じゃないですよ。)

参考はこちら


面白かったら、クリックお願いします。blog ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらにもコメントです。
こちらにも失礼します!
「アワーミュージック(邦題)」ご覧になられましたか?
私は、一度しか見ていないので
(しかも恥ずかしながら記憶が飛んでいます・・・)
また見たいです。

しかし、モランボンの”ジャン”とリュックのお話すごいですね!
と、思ったら、大嘘ですか(笑)!!
うはは!
すっごいツボなのですが!
最高ですね(笑)
そしてschuさんすごいです!
関係ないようにはじまっていくのってとってもエレガントです!
ほんとかっこいいですね~。
2005/11/13(日) 00:12:27 | URL | asyurank #-[編集]
う、うれしい!!
>asyurankさん

ありがとうございます!!
実は、このエントリー、私としては渾身の一作だったのですが、
コメントが1つも頂けなくて、かなりヘコんでいたんです。
asyurankさんに喜んで頂けて、私も大感動です!!
わざわざ焼肉のタレの事まで調べた甲斐がありました!!
関係ないように始まっていく事のエレガンスは
難しいですが、決まるとかなりカッコいいんですよね。

「アワーミュージック」 まだ観てないんですよ~。
やっぱり、記憶が飛んでしまうような、独特の映画なんでしょうか・・・・・
観たい・・・・・
2005/11/13(日) 01:28:09 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
お気持ち分かります・笑
こんばんは。
schuさん、へコんでいましたか!
あぁ良かったです~そんな大感動(笑)をいただけて!

いやでもわかるんですよね~。
私もたまに!やります。
へんな文を書いてしまったのか・・・
と、実はしょっちゅうヘコんでおりますです(笑)
私もエレガンスに決めた文が書けるように張りたいです!

そして、事後報告ですが、リンクこちらからも貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願いします~。
とってもくだらないブログですが・・(笑)
あ。
「アワーミュージック」、私の記事は忘れて
体調のいい時に(笑)じっくりご覧になってください!
独特かもしれませんが、いい作品ですよ~!!
2005/11/16(水) 02:31:52 | URL | asyurank #-[編集]
>asyurankさん
いや、本っ当にありがとうございます。
もう少しで「これが面白くないんなら何が面白いんだよ!!」
と勝手にキレ始める所でした。(嘘ですけど)
そうですか~、やっぱり誰でもあるんですね、ヘコむ事が・・・・
asyurankさんのブログは、私にとっては、もうネタのチョイスがツボですし、
文章も面白いなあ、と拝見しているんですけど、
ただ、悲しいかな、情報が早過ぎて私が着いて行けてないんですよ~。
「アワーミュージック」もそうですし、「TAKESHI’S」をエントリーされた時も、
すごいコメントしたかったんですが、何せ観てないものですから、躊躇してしまって・・・・
「こ、この人、吉祥寺のゴダール・ナイトまで行ってるの?」と、正直感服致しました。

相互リンク、ありがとうございます。光栄です。これからも、よろしくお願いします。
2005/11/17(木) 00:10:28 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。