The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
端末とノリノリ
2005年10月14日 (金) 23:04 | 編集
今さらですが、iPod nanoiPod shuffleの小ささは驚きです。ハイパーメディアクリエイター、高城剛は、そう遠くない未来に、こういった端末は耳の中に入っちゃうくらい小さくなるだろう、と言っています。もうすでにiPod shuffleが、耳の大きい人なら入るんじゃないかな、という小ささですから、現実味のある予想です。この次はバナナチップス(ラブ)くらい小さい端末が発表され、その次は一気にてんとう虫サイズになる、かも。

香港(上海だったかな)では、携帯電話をハンズフリーの状態で使う人が比較的多く、近くで突然一人で喋り出す人に何度も出くわし、何度も驚いた、という話を、ある日本人から聴きました。これでさらに皆が端末を耳の中に入れたとなると、もっと凄いですね。人の多くいる所では、誰が誰と話してるのか、全然分からない事になるかもしれません。

電車で自分の前に座っている小学生が、突然自分に向かって“ Is this your guitar? ”と言ってきて、あまりの事にうろたえつつ、“ノ、No ・・・・”とか答えてしまって、少し経ってからやっと、彼は英会話用の音声を聴いていたんだろうと気が付く、というような出来事が多く起きそうです。
ギターも持ってない人間に、「そのギターはあなたのか?」と小学生に突然聞かれる不条理を経験させる、耳に入る端末はそんな潜在能力も秘めています。

私は、以前、CDレンタルの店で試聴をしてた時、隣で同じく試聴をしている人が、その場で足を踏み鳴らしてノリノリになっているのを見た事があります。彼の試聴していたCDは、「広島カープの応援歌」でした。音楽でノリノリの人の動きというのは大抵、ダンスか演奏者の動きのどちらかに似ているものですが、彼の動きはそうではなく、もう「ザ・踏み鳴らし」とでも呼べそうな、足をとにかく踏み鳴らすスタイルでした。しいて言えば、ラジオ体操に似ていました。もしかすると、あれは応援の練習だったのかもしれません。
極めて狭い試聴スペースで、そのユニークな動きを続ける彼を見て、「広島カープの応援歌を試聴しただけで、こんなことになる人がいるのか、凄いな、カープは」と思い、面白かったです。いいものを見た、と思いました。
ですが、もしこの時、彼が何を聴いてノリノリなのかが分からなかったら、それほど興味を持って見なかったでしょうから、「少し迷惑な人だ」と思っただけで終わっていたでしょう。

端末が耳に入る事になる程進化するのと同時に、SF映画に出てくるような、空中に映像を浮かび上がらせる装置も普及すれば面白いです。自分が今聴いている音楽のイメージ映像を、例えば頭上に浮かばせる事が出来れば、聴く事自体に、新しい表現が可能になるかもしれません。
ディープハウスを聴いてる人とGLAYを聴いてる人と鳥羽一郎を聴いてる人と第9を聴いてる人が、みんな同じ動きでノリノリだったら面白いな。


面白かったら、クリックお願いします。blog ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
dog year
確かに耳の中に入ってしまうのも時間の問題でしょうね~。
いや、iPod shuffle耳に入らないですから(笑
2005/10/16(日) 17:49:51 | URL | じゃう #-[編集]
>じゃうさん
なんとなく忍ばせたボケにツッコミが入るのは、ホントに嬉しいです、どうも。
ipod、新作が表されたわけですが、“映像が観れるやつはデカくなる”という弱点を
何とかテクノロジーで乗り越えて欲しいですね。
2005/10/18(火) 00:04:29 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。