The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文脈が切れる
2005年10月11日 (火) 22:30 | 編集
資生堂Maquillage(マキアージュ)のCMで、エビちゃんの話をあまり聞かずに、「あっ、クラゲがいる」と言い出す伊藤美咲を見た時、「この人はこういう不思議な感じで可愛い人の役が似合うなあ」と思っていたら、“タイガー&ドラゴン”以前の伊藤美咲の事が全然思い出せなくなっている事に気づいた。もちろん、検索とかすれば、簡単に思い出すのだろうと思うけど。

戦場のメリークリスマス”が公開された時、ビートたけしの登場シーンになると、観客からは少なくない笑いが起こったらしい。今ではちょっと考えられない話だ。

ふかわりょうは、テレビに出始めの時、ああいう人では無かった。深夜の番組で見た時、彼はシティーボーイズとか、今で言えばラーメンズみたいな所に行く人だと思っていたけど、そうはならなかった。

検索しても、昔の映像を観ても、もう追体験は不可能なものっていうのも、たくさんあるんだろうな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにふかわりょうは意外な方向に進みましたよね。
他にもアイドルやら俳優やら…
探せばいろいろと出てきそうですよね。
今なんとなく思いついたのは釈由美子でしょうか(笑
最初のぶりっこ系から「スカイハイ」は想像できません。
2005/10/11(火) 22:55:58 | URL | じゃう #-[編集]
>じゃうさん
ふかわはジャリズムの渡辺鐘みたく作家もやれば良かったのにぃ、とか思うんです。
過去と今のイメージのギャップをどう扱うかっていうのは、
芸能人とかに限らず、面白い課題ですよね。
「昔のオレは今で言うキムタクみたいな存在だった」と言って失笑を買いながらも
実はオイシイ、という明石家さんまの着地が結構見事だ、と私は思います。
2005/10/13(木) 01:12:15 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。