The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麗しのサブリナ 
2005年10月02日 (日) 23:45 | 編集
“麗しのサブリナ Sabrina”

sabrina大富豪ララミー家のお抱え運転手の娘サブリナは、一家の次男でプレイボーイのデヴィッドに憧れているが、彼は子供じみたサブリナには見向きもしない。彼女はパリに花嫁修行の旅に出て、洗練された大人の女性となって帰国する。デヴィッドはそんなサブリナに夢中になり、堅物の兄ライナスは一家の将来を守るため2人の恋愛を阻止しようとするが・・・・・・
名匠ビリー・ワイルダー監督が、オードリー・ヘプバーン、ハンフリー・ボガード、ウィリアム・ホールデンという3人のスターの魅力を遺憾なく発揮してコミカルに仕上げた快作

とても有名な映画ですね。私はこの映画には、3人のスターと並び、4人目の主役がいると思っています。それが、“ガラス”です。シーンの重要な場面には、必ずガラスが関係しています。英語にしてGlassと言っておいた方が適当かもしれません。車の中で復唱までされる事になるセリフにも顔を出します。
あまりに有名で、レビューも山ほど書かれているだろうこの映画を取り上げたのは、彼にスポットを当ててみたいと思ったからです。この4人目の主役に注目して観てもらうと、この名作にまた新しい魅力を発見して、面白いかもしれません。


面白かったら、クリックお願いします。blog ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お楽しみはこれから!
ガラスともう一つ、脇役ですがプラスチックも重要な役を演じています。とうもろこしからプラスチックを作る技術は今や実用になっています。
ホールデンの役名は、ヴィッドでなく、デヴィットですね。
2005/11/07(月) 20:54:46 | URL | まいじょ #-[編集]
>まいじょさん
はじめまして。
そうです、そうです。プラスチック、重要ですよね。割れやすい、割れにくい、と、その事を巡ってますね。
役名の誤記に関する指摘、ありがとうございます。直しておきます。
2005/11/08(火) 00:46:18 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 大富豪の御曹司とお抱え運転手の娘という、明らかに身分の異なる男女の恋の物語です。 男女の身分の違いを象徴するような冒頭のシーンです。大邸宅では華やかなパーティーが催されていますが、サブリナは指をくわえてみるしかありません。 サブリナ役のオードリー・ヘッ
2005/11/07(月) 20:49:27 | お楽しみはこれから!
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。