The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲望の翼(阿飛正傳、 Days Of Being Wild)
2005年12月13日 (火) 00:43 | 編集
欲望の翼 (阿飛正傳、 Days Of Being Wild)

欲望の翼

60年代の香港を舞台にして、男女6人の若者を描いた群像劇

ウォン・カーウァイ監督作品
出演: レスリー・チャン カリーナ・ラウ アンディ・ラウ マギー・チャン ジャッキー・チュン トニー・レオン レベッカ・パン


同監督の“花様年華” “2046”と、この映画を合わせて3部作になっていると言われています。

色がとても綺麗な映画です。私は、この映画があまりに好きで、部屋の中を全て緑系に模様替えしようかと思った程です。そして流れる様に動くカメラが鳥のようです。ヨディ(レスリー・チャン)が話す“脚のない鳥”の話は、この映画の大きな象徴です。

登場人物は、みんな片思いに苦しみます。一時通じ合ったようでも、すぐ離れてしまう。色々な事が遅すぎたり、早過ぎたりする事で、結ばれる機会を逃して行く。物語は切ないのですが、ここには固有の時間の流れと美しい音楽があるので、ただ切ないのとは全く違う不思議な感情を抱きます。一番不幸そうなヨディは、一番時間に強くこだわっています。

私は、タイド(アンディ・ラウ)とスー(マギー・チャン)の関係を描いた電話ボックス前のシーンを思い出す度に、あ、もう1度観たいな、と思います。何度も観たいと思うのは、“過去が○○で結局現在は○○で未来は○○だろう”と直線上に並ぶのとは少し違う“時間”が、この映画に流れているからではないかと思います。その時間は流れ去るという事がなく、モヤモヤと滞留し続け、ひょっとして今も私はその中にいるのではないか、というような。

作家の中には、その時代さえあれば、後は何もいらない、というタイプが確実に存在します。
第2帝政期のパリさえあれば、後は何もいらない、とか、1920年代のベルリンさえあれば、後は何もいらない、とか、1950年代のアメリカ合衆国さえあれば、とか。
ウォン・カーウァイは、1960年代の香港(そして幾つかの外国へのロマン)さえあれば、後は何もいらない、と思っているのかもしれません。今も、その時間の中に生きているのかもしれません。

あなたが、もうすぐこの文章を読み終えるこの瞬間、何処かで誰かが別の文章を読み始めているという事。今から1年後、ふと、この文章を読んでいた数秒間が、その12月のある1週間より長かったように思え、今もその時間が続いているような気がする感覚(それはさすがにないだろ、それ程の文でない)。消費され得ず、いつまでも片付かないような時間・・・・・

どちらかと言えば夏に観たい映画という気もしますが、1990年当時、クリスマス商戦に合わせて公開された、というのが驚きです。と言う事で、クリスマスに、この映画をどうぞ。


スポンサーサイト
STRINGSTRINGSTRINGS 3
2005年12月07日 (水) 23:07 | 編集
~ 3日連続企画 ~


『  Stringsの音色に惚れる・・・・・・この3曲!!  』



Quincy Jones

Tell Me a Bedtime Story 

From “ Q ~生誕70周年記念ベスト~ / Quincy Jones



最終日は、Quincy Jones から、この曲です。これは元は、Herbie Hancock の曲ですね。 実際、ここでも彼はエレピを弾いてます。始めの2分くらいは、そのエレピが軽く鳴ってるフュージョンって感じで、普通なんですが、そっから徐々に、徐々に押し寄せるようにストリングスがやって参ります。そして後半はもう、鳴りまくり!! 気持ち良いです。酔います。 で、気づいたら、10分も経っていた、と。

この曲も、ジャケがカッコ良いんで今回このアルバムを出しましたが、もちろん、他のアルバムにも入ってます。これ にも入ってますし、そして何と言ってもオリジナルの このアルバム
Quincy Jonesのもとに、Herbie HancockMichael BreckerChaka KhanPatti Austin など、大集結して盛り上がってます。豪華!!


というわけで、今回こういう事をやってみてわかったのは、「ああ、あれがあるじゃないか」「あ~、あれの方が良かったか?」と、紹介したい曲がどんどん増えていくという事です。ジャケがあまり栄えないのでやめた、というのもあるし。せっかくなんで、また今度やりたいな、と思いました。
(何のために3曲にしたんだよ・・・)

皆さんも、ストリングスと言えばこれお奨め!というのがありましたら、是非教えてください。


STRINGSTRINGSTRINGS 2
2005年12月06日 (火) 23:00 | 編集
~ 3日連続企画 ~


『  Stringsの音色に惚れる・・・・・・この3曲!!  』


Romantique96


  三月生まれ

  FromRomantique96 / Pizzicato Five


2日目は、Pizzicato Five から1曲。これは、“チャチャチャ”というのでしょうか、ルンバかな? いや、マンボか?・・・とにかくそんな中南米のリズムがベースです。野宮さんの可愛い声と爽やかなストリングスの掛合い、さらにアコーディオンも絡んできて、ホント楽しい気分になります。散歩がしたくなりますね。
紹介したアルバムには、最初と最後にも美しいストリングスが聴ける曲が入ってます。
他にも、宇宙とコンタクトを取るSerge Gainsbourgのカバー“コンタクト”があったり、今や本当に世界中を飛び回って大忙しになったFPMのメジャー・デビュー曲“ジェット機のハウス”が入ってたりで、盛り沢山ですね。まあ、ピチカートのアルバムは、いつも盛り沢山という気もしますが・・・・
ちなみに上のジャケットはオリジナル盤で、カッコ良いのでこれを乗せちゃいましたが、リンクしたAmazon含め、今普通に売っているのは残念ながら再発盤です。

この曲は、“Pizzicato Five in the mix”にも入ってます。このアルバムこそ盛り沢山だな・・・すごいです須永さん。手っ取り早くピチカートの音楽をザッと聴いてみたい!という方にお奨めかもしれません(ただ、初期のものは入ってません)。そして、ピチカートマニアにとっては、聴いて、
「ああ、もうピチカートはいないんだな・・・」と悲しくて泣きそうになる、という事で有名なアルバムでもあります(笑)。

さらにこの曲には、Vocal.夏木マリversionがあります! これがまた良い!!
収録アルバムは、“13 CHANSONS”と、ピチカート名義の“great white wonder”です。
マリ姉の声&ストリングスで、とろけて下さい・・・・・

そう言えば、“great white wonder”中には、他にもストリングスの名曲があったような・・・・・実際、ピチカートでストリングス使いって言ったら、もっと他に色々あるじゃないかって話で、ホントその通りなんですが、私は“三月生まれ”のストリングスがやたらに好きなので、今回はこの曲にしました。


さて3曲目は・・・・・・明日に続きます!!


STRINGSTRINGSTRINGS 1
2005年12月05日 (月) 22:30 | 編集
~ 3日連続企画 ~


『  Stringsの音色に惚れる・・・・・・この3曲!!  』



Groovin’High

I Can’t Go For That
( Freedom Jazz Samba Mix )


From “ Groovin’High [Compilation]



第1日目は、MONDO GROSSO からこの1曲。ホール&オーツの曲のカバーです。原曲とは全く違っていて面白いです。“Freedom Jazz Samba Mix”となってますが、ボトムが強めのBossa Novaという感じ。女性ボーカルに絡むストリングスが最高です。しっとり、そしてウキウキ。

今回は、このコンピレーション・アルバムが良さげだったので、これを紹介しましたが、もちろん、MONDO GROSSOのアルバムでも聴けます。“best remixes”とか、“Best+Best remixes”とかに入ってますよ。“THE MAN FROM SAKURA HILLS”への収録がオリジナルです。このコンピ・アルバムを面出ししておいてこんな事言うのはなんですが、私は、“best remixes”をお奨めします。まあ、自分が持っていて、何度も聴いてるから、というだけですが。
ハズレ無し、全曲カッコ良いです。


さて、2曲目は・・・・・明日に続きます!!


ぬいぐるみ氾濫
2005年12月03日 (土) 11:13 | 編集

大友克洋監督の映画「AKIRA」には、たくさんのぬいぐるみが巨大化して襲って来るシーンがあります。初めてあのシーンを観た時、私はこの感覚はすごくよく分かるなあ、と思いました。
物凄い数のぬいぐるみを置いている部屋などをたまに見る事がありますが、あれはやっぱりちょっと怖い感じがします。可愛くて柔らかいからと言って、優しいとは限りません。

ぬいぐるみには、何か独特の存在感があるような気がします。あれは、一体なんなのでしょうか? やはり、まず土を捏ねたりして人の形や動物の形を作った文化が先にあって、それが発展してああいうものが出てきたのでしょうか。それよりも先に、マンモスの着ぐるみがあった、とか言えなくもないのでしょうが。
ぬいぐるみは、他のオブジェと比べて、ペットの延長という印象を強く持っているように思います。だから、モチーフは動物が1番しっくりくる気がします。でも、世の中には当然、それ以外のぬいぐるみも山ほど存在しているわけです。アニメのキャラクターなんかは、だいたいがぬいぐるまれているはずです。

例えば、こちらのページはどうでしょう。

バナナ人形・・・・・私はもうすでに少し怖いですが、まあ、でも可愛いと言えば可愛い・・・・・
2個セットで売っていて、その理由が、“やっぱりふたりいっしょじゃないと、寂しい~~”という事なので、生き物っぽさはあります。

では、こちらのページはどうでしょう。

「えーっと・・・・・その・・・・あなたは何ですか?」と聞きたくはなりますが、まあ例えばモンスターズ・インクに出て来るキャラクター達の仲間だと考えれば可愛い気もしてきます。
分からなくはない、です。質問をしたくなる、という時点でコミュニケーションが開始する予感はありますから、着地点はあります。

しかし、こういうものをさらに上回るものがあります。それが、寿司のぬいぐるみです。私は、その存在をまず、黒田硫黄の「茄子」という漫画で知り、はじめは作者の創作だと思っていたのですが、一応調べたら、本当に存在していたようです。というか、今でもUFOキャッチャーなどで普通に取れる可能性もあります。私があまりゲームセンターなどに行かないから知らずに驚いてるだけで、これはよく知られたものなのかもしれません。(こちらで実物が見れます
でも、寿司って・・・・・寿司をぬいぐるんで柔らかく肌触りもアップさせて、一体どうしようと言うのでしょうか?(UFOキャッチャーで取るというのもすごいです。なかなか目当てのネタにありつけなくて、やっと出てきたと思ったらぬいぐるみって、拷問寿司ですね・・・・)
寿司がOKなら、もう何でもOKでしょうよ。
和太鼓のぬいぐるみ、手帳のぬいぐるみ、DVDのぬいぐるみ、舌平目のムニエルのぬいぐるみ、焼肉のタレのぬいぐるみ・・・・・
≫ "ぬいぐるみ氾濫" の続きを読む...
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。