The sense of wonder
面白い、不思議だ、何なんだこれは、な事など
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲望の翼(阿飛正傳、 Days Of Being Wild)
2005年12月13日 (火) 00:43 | 編集
欲望の翼 (阿飛正傳、 Days Of Being Wild)

欲望の翼

60年代の香港を舞台にして、男女6人の若者を描いた群像劇

ウォン・カーウァイ監督作品
出演: レスリー・チャン カリーナ・ラウ アンディ・ラウ マギー・チャン ジャッキー・チュン トニー・レオン レベッカ・パン


同監督の“花様年華” “2046”と、この映画を合わせて3部作になっていると言われています。

色がとても綺麗な映画です。私は、この映画があまりに好きで、部屋の中を全て緑系に模様替えしようかと思った程です。そして流れる様に動くカメラが鳥のようです。ヨディ(レスリー・チャン)が話す“脚のない鳥”の話は、この映画の大きな象徴です。

登場人物は、みんな片思いに苦しみます。一時通じ合ったようでも、すぐ離れてしまう。色々な事が遅すぎたり、早過ぎたりする事で、結ばれる機会を逃して行く。物語は切ないのですが、ここには固有の時間の流れと美しい音楽があるので、ただ切ないのとは全く違う不思議な感情を抱きます。一番不幸そうなヨディは、一番時間に強くこだわっています。

私は、タイド(アンディ・ラウ)とスー(マギー・チャン)の関係を描いた電話ボックス前のシーンを思い出す度に、あ、もう1度観たいな、と思います。何度も観たいと思うのは、“過去が○○で結局現在は○○で未来は○○だろう”と直線上に並ぶのとは少し違う“時間”が、この映画に流れているからではないかと思います。その時間は流れ去るという事がなく、モヤモヤと滞留し続け、ひょっとして今も私はその中にいるのではないか、というような。

作家の中には、その時代さえあれば、後は何もいらない、というタイプが確実に存在します。
第2帝政期のパリさえあれば、後は何もいらない、とか、1920年代のベルリンさえあれば、後は何もいらない、とか、1950年代のアメリカ合衆国さえあれば、とか。
ウォン・カーウァイは、1960年代の香港(そして幾つかの外国へのロマン)さえあれば、後は何もいらない、と思っているのかもしれません。今も、その時間の中に生きているのかもしれません。

あなたが、もうすぐこの文章を読み終えるこの瞬間、何処かで誰かが別の文章を読み始めているという事。今から1年後、ふと、この文章を読んでいた数秒間が、その12月のある1週間より長かったように思え、今もその時間が続いているような気がする感覚(それはさすがにないだろ、それ程の文でない)。消費され得ず、いつまでも片付かないような時間・・・・・

どちらかと言えば夏に観たい映画という気もしますが、1990年当時、クリスマス商戦に合わせて公開された、というのが驚きです。と言う事で、クリスマスに、この映画をどうぞ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
気になったので、レンタルして観たいと思います。
2005/12/13(火) 22:10:59 | URL | 内村 #-[編集]
こんにちは
TB&コメントありがとうございました。
ウォン・カーウァイ監督はどの映画でも“時間”に対するこだわりがありますが、この映画でもそれは顕著でしたよね。
あえて一つに絞って書いたんですが、タイドとスーの電話ボックス前のシーンは自分も大好きです。
感想、どの部分も素晴らしいですが、“いつまでも片付かないような時間”という表現に唸りました。こんなぴったりな表現はないですね。
2005/12/14(水) 12:59:16 | URL | micchii #mQop/nM.[編集]
こんばんは
映画ネタに全然ツッコめない私ですが・・
王道の恋する惑星&天使の涙は見ましたよ
香港の雑多な裏路地とか
映像が好きだなあと思います
香港行ってみたいんですよねぇ・・九龍とか
2005/12/15(木) 21:53:51 | URL | hanae #-[編集]
>内村さん

そうですか! 是非観てください、良い映画ですから、本当に。良かったら感想も聞かせて下さいね。

>micchii さん

本当にいいですよね、タイド&スーのあのシーンは。私もmicchiiさんと同じで、シーンの紹介は1つに絞ったのですが、大好きなシーンは他にもたくさんあります。もう、このブログに“欲望の翼”というカテゴリーを作って、ワンシーンずつ取り上げて色んな事を言いたいほどです(笑)。でも、電話ボックスがあって、坂があって、見上げる位置に停留所があって、路面電車が通っている、あのタイド&スーのシーンは、特にグッとくるものがあり、偏愛しています。

 >感想、どの部分も素晴らしいですが、“いつまでも片付かないような時間”という表現に唸りました。
  こんなぴったりな表現はないですね。

ありがとうございます。この映画を観ると、程よいカタルシスやある種の気づきを引き出して収まるという鑑賞とは別種の、“ある時間”に入り込んでしまった、入り込まれてしまった、としか言いようの無い感覚に捕らわれます。
“片付かない時間”とは、まるでヨディのような、人を誘って惑わす甘美な悪魔かもしれないですね(笑)。

>hanaeさん

恋する惑星&天使の涙も、もちろん大好きですよ! あの緑と黄色と赤が混ざった感じですよね。惹かれますよね、あれは。“恋する”の方で、金城武が恋をする金髪カツラの女性が、ひと仕事するのにたくさん人を集めて準備しますよね。あの裏路地のシーンとか、かなりカッコ良いです。
私もああいう所、行ってみたいですが、本当に銃持った人が急に出て来たりしないか心配です・・・

“欲望の翼”は、音楽が特に素晴らしいので、良かったら観てみて下さい。

2005/12/16(金) 01:42:06 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
ヨディの腕時計
縛られることを嫌っているにも関わらずヨディは、腕時計をいつも着けていますね。今まで気づかなかったです。「ブエノスアイレス」でのウィンは、たぶん腕時計を着けていなかったと思います。そこがウィンとヨディの違いかもしれません。自分の生い立ちと過去にこだわるヨディ、今の時間を思いのままに生きるウィン、どちらも魅力的に描かれています。
2005/12/17(土) 17:56:54 | URL | reiko #qQKykqbk[編集]
>reikoさん
ヨディにとっての時間は、直線上に伸びているものではないんでしょうね。ある過去へのこだわりが原因で、飛び地のように、どこかに存在する、“ある時間”だけを強烈に求めている感じですよね。それが、例えば、スーとの1分間だったりするんでしょうか。それ以外のものに捕われるのは凄く嫌ってますよね。
ヨディもウィンも、流れるように生きているけど、時計を見る理由は全く違うのでしょうね。
2005/12/18(日) 01:29:14 | URL | schu #W4HijnrE[編集]
この映画観てませんでした。残念っ。「天使の涙」は好きです。

ところで、お忙しい(?)schuさんへドリームバトンなるものをお渡ししたいのですが。
お時間があれば、ぜひっ。
もちろん、放棄もあり★です。

クリスマス早々ごめんなさいねー。
2005/12/25(日) 02:13:32 | URL | しゃるろっと #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
阿飛正傅(1990/香港)【監督】ウォン・カーウァイ【出演】レスリー・チャン/カリーナ・ラウ/アンディ・ラウ今回は、『恋する惑星』『楽園の瑕』に続いて3本目のウォン・カー
2005/12/14(水) 12:53:11 | 愛すべき映画たち
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。